特定のドライブを非表示にして高速化

フォルダーオプションの「空のドライブ」を非表示にするレジストリ編集方法を紹介します。

特定のドライブを非表示にして高速化

Windows 7のフォルダーオプションには「空のドライブ」は「コンピューター」フォルダーに表示しない」という項目が用意されています。

「空のドライブ」は「コンピューター」フォルダーに表示しない」という項目は「コンピューター」フォルダーの表示をシンプルにするだけでなく、表示を高速化することができます。

しかし、同機能はあくまでもリムーバブルドライブのみに適用されるものであり、そのほかのドライブを非表示にすることはできません。

そこで、特定のドライブを非表示にするレジストリをカスタマイズしましょう。

対象キー
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer
エントリー名
データ型
NoDrives(新規作成)
REG_BINARY
規定値
設定値
設定有効化
-
非表示にするビットの和
A:01 00 00 00
B:02 00 00 00
C:04 00 00 00
D:08 00 00 00
E:10 00 00 00
F:20 00 00 00
G:40 00 00 00
H:80 00 00 00
再ログオン


次の記事   レジストリ編集でWindows7高速化   リンクアイコン自動削除機能無効化
前の記事   レジストリ編集でWindows7高速化   プリフェッチ機能を無効化して高速化
ホームへ   レジストリ編集でWindows7高速化   ホームへ
お勧め記事 激安通販@blog -通販サイトの激安情報が満載。家電、洋服、家具、ブランド商品に至るまで激安特価情報を毎日更新中   激安通販@blog